一度は食べたい高級フリッツ@アントワープ


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

先日アントワープへ買い物に行ったのですが、
その時発見したフリッツ屋さんにビックリしたので紹介します✨




《 FRITES ATELIER 》



様々なショップが建ち並ぶ通りの一角にある、

こじんまりとしたおしゃれな外観のお店。


店先はお客さんで溢れかえり、行列は店外の通路まで続いています!




何かな?と見ると、お客さん皆んなが食べているのはまさかの





フリッツ!!!

(写真はイメージです)



観光やショッピングの合間に手軽に食べられる、ベルギー人にとってはお馴染みのフリッツ。

路上や街角によくありすぎて、
フリッツにおしゃれな店舗のイメージは無いんです。(フリッツ屋さんすみません。)




しかも、フリッツに



ビーフシューがどどーん!




とかかっています!



フリッツと言えば、

ケチャップやマヨネーズ、

変わり種と言っても
サムライソースやカレーソース、BBQソースとかじゃないの?!



なんだこのお店ーっ!


フリッツなのに、思わず目を惹かれてしまいました。




小腹が減っていた私達、1つ注文してみることに。


メニューはショップの情報込みの小冊子になっていて、持ち帰り可能。
アムステルダムのフリッツ屋さんのようですね。

なんだかフリッツへの強いこだわりを感じます💓




ノーマルなフリッツは3.5€で、手作りソースは2種類選べてプラス1.5€。



バジルやトリュフのソースもあり、このような高級感あるソースはここならではだと思います。
こちらのおしゃれな容器から自分でソースをカップへ入れます。
(ここからフリッツのソースが出てくるとはなかなか思えない)



手作りソースっていうところがまたいいですね。


高級感ある雰囲気ですが、このノーマルなフリッツはブリュッセルのフリッツ屋さんとさほど変わらない値段設定です。


しかし!

次のページをめくると、、、


SEASONAL SPECIALというメニューが!




フリッツ6.5€!!!




日本円で約800円ですよ!!



このトッピングがまた普通のフリッツ屋さんにはないものだったんです。




なんと、

キムチ
揚げワンタン(皮のみ)
sriracha(チリソース)
ギリシャヨーグルト
ふりかけ
カレーマヨネーズ


トッピング、凄い組み合わせですが(笑)
写真は美味しそう!!


ということでこちらを頼んでみました。


店の入り口でオーダー・精算して、店の奥で名前を呼ばれて受け取るシステムです。


お店のお兄さんが一生懸命箱にフリッツを入れています。


トッピングはこんな強面の方が慣れた手つきでどんどんやっていきます。



みなさんとっても丁寧に作業されていて、久々に日本人の丁寧な仕事感覚を思い出しました。(笑)




ついに手元にやってきました!

なんともユニークなトッピングのフリッツ!



フリッツにキムチ、ヨーグルト、ふりかけ…なんて、、と思いましたが、


カリッとホクッとしたフリッツに、キムチの辛味や酸味、カレーマヨネーズソースのマイルド感がピッタリで美味しい!!



そしてジャガイモ。ポテトそのものが美味しい!

オランダのZeeland産だとOUR STORYの欄にありました。



ふりかけも、ちゃんと日本と同じようなふりかけでした。



ちなみに、冒頭のビーフシューバージョンはこんな感じです。


パンフレットだとこんな感じですが、実物はもっと沢山ビーフシューがかかっていました。

ですがこれも8.75€!

なかなかのお値段です!


うひゃあ〜〜


でも、お客さんの多くがこのフリッツを注文していました。


確かにビーフシューおいしそう…(*_*)



味は美味しく、高級感とユニークなトッピングには目を惹くこちらのフリッツ屋さん。


なんだか、日本の表参道や青山にある


日本初出店!
海外では有名なポップコーン!
ポップコーンなのに高い!


みたいなお店に並んで買ったのと似た様な感覚もあったのですが、


ひとつのビジネスとして成り立つ理由がちゃんとあるんだな〜〜と、

そんな側面からも考えてしまったお店でした。


それはともかく、

美味しくておしゃれな雰囲気のこちらのフリッツ屋さん!


一度は訪れてみてはいかがでしょうか😊💕?
お店の情報はこちらから↓

読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨