世界で一番小さな町・Durbuy


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

先日、『世界で一番小さな町』と言われているベルギーのDurbuy(デュルブュイ)という所へ行ってきました。


その市街はこんなにもコンパクト。
(引用:https://dlift.jp/)


今の人口密度は67.9人/㎢。
計算したら、私の出身町の、1/4でした。
(私の地元も、かなり小さな田舎町なのです)



ベルギー南部の、ナミュールとリエージュの間に位置しています。


中世では工業や商業の重要都市でしたが、今では観光と保養の地として様々な所から人々がやってきます。



その日はお天気も良く、林の木々がわさわさと揺れ、流れるウルト川がキラキラと輝いていて、まるで絵本の中に入ったような素敵な風景が広がっていました。

(引用:https://dlift.jp/)


石畳とレンガ造りの家、そして緑。

この3つが揃うだけで、もうおとぎ話の世界です。



そしてこの町、美食の町としても有名。


チョコレートショップや紅茶のお店、気軽に入れそうなビアカフェなどが沢山ありました。


手作りジャムのお店では、一番人気のたんぽぽのジュレを購入。


ジャムはもちろん、瓶のラベルや蓋を覆う布生地まで、オリジナリティ溢れるものばかり。



さすが美食の町。
いたるところにレストランがあり、
本格的なフレンチを頂くことができます。


旦那と2人、ふらっと入ってみたこちらのお店。


コースを注文しましたが、全てのお料理が丁寧で、シンプルで。

素材の美味しさが十分に引き出された、美しいお料理でした。
スープ。
白アスパラかな?



ラビオリ。
チーズのコクと、ラビオリのもっちり感がたまりませんでした💓


タラのヴァプール、かなあ。

丁寧にソテーされた野菜が沢山。
酸味の効いた、コクのあるマヨネーズでいただきました。




デザート。
フランボワーズのソルベとクレームブリュレ、フォンダンショコラ。

盛り付けが素敵すぎて、終始ときめきが止まりませんでした!


味付けはとてもシンプルなのだけど、とっても落ち着く美味しさで、

その旨味と色使い、盛り付け、店内の雰囲気全てが素晴らしかったです。


こんなふうに、お料理できるようになりたいなあ✨


またお邪魔したいレストランです。




滞在時間はものの3時間程度でしたが、自然と美味しいものが詰まったこの町が大好きになりました。


ウルト川ではカヌーなどのアクティビティができるそうなので、また夏に大勢で行くのも良いな♪



みなさんも是非一度、訪れてみてください✨


読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨