最近買った本たち♪


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

もう10月も下旬・・・

今日は寒いし暗くて、冬の訪れを感じてしまいます💦



2月生まれであり雪国・長野出身の私ですが、寒いのはとっても苦手。(笑)


普段はアウトドアな私ですが、寒い日はどうしても家に籠ります・・・



そんな日こそ、インプットの日!

体は動かさなくても、頭を働かせるように意識しています!




有難いことにベルギーでも日本の本を簡単に購入できる環境があるので、今年は気になる本をたくさん入手しました。



(買ってばかりであまり読めていないのは内緒・・・)


最近はオーガニックや有機栽培の本ばかり漁っております。


そんな中でもおすすめな本、気になる本を紹介します☆





前田けいこ著

『からだの中の自然とつながる 心地よい暮らし』


この本は布ナプキンをはじめとするオーガニックコットンの製品を扱う会社を経営されている方の本。


“オーガニック”って、単に「農薬や化学肥料、遺伝子組み換えを使用していないもの」だけではないんだよ、ということを暖かい文章で教えてくれる本です。



不調などの体の声に耳を傾けること、自然と共に生きること

その心地よさが伝わってきました。



たとえオーガニックに興味がなくても、読んでいるだけで優しい気持ちになれる、そんな一冊です。





圓尾和紀著

『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』



こちらは私の師匠である、管理栄養士の圓尾和紀さんの著書!


圓尾さんは「日本人の体に合った食を提案する」を柱に活動されているフリーランス管理栄養士。

普段から「和ごはん」を実践され、着物を着て過ごすことも!




“ご飯とみそ汁、たったそれだけ” なのに、


それが一番ほっとする。




豪華なごちそうを毎日作るのではなく、昔ながらの献立(玄米ご飯に味噌汁、おかずを少し)で十分。

その代わり、食材や調味料は伝統的な製法で作られたものを選び、こだわりを持った生産者から購入するなど、普段の生活で大切にしたいことがたくさん書かれています。



ライフスタイルを紹介するだけでなく、正しい食の選び方を様々な角度から分かりやすく教えてくれる、「和ごはん」のバイブル的な一冊!


これを読んだら、玄米ご飯と具沢山味噌汁を食べたくなること間違いなし(^^)




さらには

農業関連の本💓



もうすぐ日本へ帰国ですが、帰国したら絶対やりたいこと、いや、必ずやることの一つが、

『オーガニック家庭菜園』。


自分で有機栽培した野菜を、自分で収穫して、それを料理して食べる♡!


ベルギーに来る前は実家の畑でやっていたんですが、帰国後は実家ではないので1からのスタートです!


有機栽培は初めてなので、そのHow toをこれらの本から学んで実践したいと思います!!




おまけ♡


こいしゆうか著

『日本酒語辞典』『ワイン語辞典』


まさに辞典のような本で、日本酒やワインの頻出用語の解説が詳しく書かれています。


なのにとてもゆるいイラストが沢山♡パラパラめくるだけでも面白い本です。



私、お酒の中でも特に日本酒とワインが好きなのですが、浅ーい知識しかないんですよね。


とっても奥が深いこれらのお酒について、もう少しうんちくを語れるように?(笑)

ちょこっとずつ知識を深められたらなあと思います。





まだまだ読めていない本がたくさんあるので、寒い日の引きこもりDAYにたくさん消化していきたいと思います。



日進月歩だ~!!




 



読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨