〇〇で有名なあのお店へ行ってみた


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!



平日は今の所淡々と主婦業をしておりますが、週末は旦那さんとお出かけします。

まだまだブリュッセルの有名どころを行き着くせていないのですが、この前は〇〇で有名なあのお店へ行ってきました!

〇〇とは!

コレです!

ムール貝!!!


ベルギーはムール貝料理が名物料理のひとつです。
大きなココット鍋に山盛りで出てくるムール貝の白ワイン蒸し↓はかなりオーソドックスですが、
今回は1893年創業の老舗レストラン

" Chez Leon (シェ・レオン)"

にて、ムール貝のハーブグラタン(1枚目写真)をいただきました(^^)
こちらのお店は何と言ってもムール貝料理の種類が豊富!
白ワイン蒸しやグラタンの他にもフリットやパスタ、トマトベースの味付けのものなど様々ありました。

もちろん!?
店オリジナルの生ビールも置いてあります。

白ワイン蒸しとはまた違って、チーズやオイルが絡まって美味しい〜〜♡
バゲットがお通しの様に出てくるので、それをオイルに浸して食べるのも美味しい〜〜♡

そして、食べて気づいたこと。
ムール貝専用の銀皿があるのです!
これは日本にはない発想ですよね!
ベルギーならではで、楽しい発見でした。


ムール貝の旬な季節は秋から冬にかけて。
もうじき旬が終わってしまう!!
スーパーでもキロ単位でムール貝が売られているので、旬を過ぎてしまう前に自宅でも実践してみたいと思います。

おまけ↓
もうひとつ、ベルギーの伝統料理です。

"ブレ・ア・ラ・リエジョワーズ (Boulet à la Liégeoise)"

食べかけですみません…

大きめの肉団子に、トマトソースや茶色の濃厚なソース(玉ねぎ、赤砂糖、シロ・ド・リエージュ、セージの葉などを合わせたソース)を絡ませて食べます。
通常フリッツ(ポテトフライ)が付け合せになっています。
これも食べ応え抜群です!


やっぱり知らない事を知るって、楽しい!
これからもっと新しい事、知らない事を開拓していきたいなと思います♪




読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨