ホンモノのシャンパンを求めに。~シャンパーニュ地方~


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

先週末から、日本ではGWですね。

こちらベルギーでも5/1はメーデーということでお休みでした。


そんな3連休初日は、ずっと前から気になっていたシャンパンの本場、

シャンパーニュ地方」へお出かけしてきました♪



シャンパーニュ地方って、実際はどこにあるの?

ベルギー・ブリュッセルより南西に下り、フランスの北に位置しています。



フランスには多くの有名なワイン産地がありますが、その中でも最も北に位置するのがシャンパーニュです。


スパークリングワインは世界の様々なワイン産地で生産されていますが、

この地域で、特定の生産方式とブドウ品種で生産されたスパークリングワインのみを、シャンパンと呼ぶことができます。

つまり、AOC(原産地呼称統制)の認定を受けています。



(↑ まだ芽吹いたばかりのぶどうの木。これ全部、ぶどう畑です)



ブリュッセルから車で約3時間で到着。


今回訪れたメゾンは2か所。



MOET et CHANDON

1743年創業。全世界で愛され、親しまれ、認知されているシャンパンのブランドですね。


Epernay(エペルネー)というシャンパンの聖地と言われる町にあり、さらに Avenue de Champagne(シャンパーニュ通り)という通りにあります。



建物に入ると、シャンパングラスでできたシャンデリアがお出迎え。

さすが、高級感があります。

黒人のスタッフが丁寧に案内してくれました。



1杯試飲付きガイド24€を購入し、地下のカーヴ(ワイン貯蔵庫)を見学。

カーヴ内の温度は11~15度、湿度70~75%で、ひやっとじめっと、そして薄暗い。

ワインづくりに最適な環境が整っています。




シャンパンは一次発酵後に瓶詰めし、さらに発酵の素となる酵母と糖のシロップを加えてアルコール発酵を起こさせる(ティラージュ)のですが、そのアルコール発酵をこの洞窟のようなカーヴで行います。

この発酵によって、あの炭酸が生まれるんですね!



専用のスタンドに倒立させて毎日毎日1/8回転させながら発酵させるのですが、MOET et CHANDONはその一部を人の手で行っているそうです!


しかも、モエシャンの生産はここのみ。

全世界に流通しているモエシャンは、すべてここで作られています。



沢山のシャンパンが積み重ねられ、熟成されていました。


通常は15か月ほどで出荷されますが、トラディショナルといわれるシャンパンは、最低3年の熟成期間が必須とされています。



最後に一杯だけ試飲♪

ピノノワールとシャルドネのこちら。

炭酸はやや強めで、ドライな口当たりです!

甘みはかなり抑えられていて(これは北に位置するシャンパーニュで育ったブドウの特徴のようです)、大人なシャンパンでした。


ショップにはたくさんのモエシャンが。もちろん購入です。

さすがにドンペリニヨンは手が引けてしまいました・・・💦



MERCIER

こちらも1858年創業の老舗メゾンです。

日本ではあまり知られていませんが、フランスではモエシャン同様に、大手シャンパーニュメゾンとして有名だそうです。


こちらには地下に全長18kmものカーヴがあり、ミニコースターに乗って音声ガイドを聞きながら見学をすることができます。




なんとありがたいことに日本語ガイドがあります!

展示物やガイドにも様々な工夫があり、ちょっとしたテーマパークのようでワイン好きにはたまりません✨


その昔、パリの万国博覧会で展示するために、20万本分のワインが入る樽を何頭もの牛で引き、パリまで運んだそうです。




充実したガイドと展示、そして3杯の試飲で25€。

とってもお得な見学ができるメゾンでした。




かねてからワイン好きな私。

ワインはついつい赤を選んでしまい、それほどシャンパンを味わうことをしてこなかったので、

ホンモノのシャンパンを学び、触れ、味わう良い機会となりました。


知れば知るほど奥深さを感じます・・・!



また、6次産業が栄えているという地域性にも感銘しました。


町中ブドウ畑の穏やかな街だけれど、土壌と気候の恩恵を十分に受けて作られるブドウとワイン、そしてそれが全世界の人に知られてるって、なんて素敵なんだろう!


6次産業が盛んだとその地域とその町の人々がますます豊かになる✨

これ、私の故郷でも生かせたらいいなあ。



まだまだ知らないことばかり!

沢山のことを学んで吸収して、日本へ帰りたいものです♪


読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨