《超簡単レシピ&豆知識》ムール貝/ベルギー食材


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!


今日はベルギーの代表的な食材、Mussel(ムール貝)について紹介します✨

ムール貝、最近は日本でも外食すると見かけますよね。
これ、実は日本にも『イガイ』と言う名で存在しています。広島県の一部で養殖が行われているようですが、欧州ほどの需要はまだありません。

ベルギーではレストランのみならず、家庭でも定番料理として良く食べられています。その為か、スーパーでは生のムール貝がパック詰めされ、1kg、2kg単位で売られています。

ムール貝の旬は9〜4月。まさに、今ですね。

ビタミンB群、ミネラルが豊富!
ムール貝にはビタミンB12がアサリの2倍多く含まれています。
ビタミンB12とは、血液成分であるヘモグロビンを作るのに必要なビタミン。ムール貝には鉄分も豊富に含まれているので、ビタミンB12と鉄分の相乗効果で貧血予防に最適です◎

また、ビタミンB2も含有されています。これは皮膚や髪などの生成を促すので、健やかな肌や髪を維持するために必須のビタミンです。

これらのビタミンBは水溶性の為、煮汁ごと一緒に摂るのが効果的です。

また、マグネシウムやカリウム、カルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。
骨の新陳代謝や神経系の正常な働きに欠かせません。

How to cook
《材料》
・ムール貝   1kg
・バター または オリーブオイル  大さじ1
・にんにく   2かけ
・セロリ      1枝(30cmくらい)
・にんじん   中1/2本
・白ワイン   100cc
・水             250cc
・パセリ      適量

1.ムール貝のヒゲを上に向けて引っ張ってとります。貝同士を擦るように、水でよく洗います。

2.にんにくはスライス、セロリとにんじんは1cm幅くらいに切ります。

3.大きめの鍋にバター または オリーブオイルを中火で熱し、にんにくを炒めます。香りがたったら、セロリとにんじんも入れてしんなりするまで炒めます。

4.ムール貝を入れ、白ワインと水を加えたら上に刻んだパセリを振りかけ、蓋をします。最初は強火で、グツグツしてきたら中火にします。

5.ムール貝が開いたら出来上がりです!蓋を開けて、立ちのぼってくる素敵な香りを楽しみましょう!鍋ごとテーブルへ。さあビールと共に召し上がれ!

食べた後の汁は捨てないで!
残った汁の中には、ビタミンやミネラルがたっぷり残っています。食べないなんて、もったいない!
贅沢に、リゾットにしちゃいます。
お米から作る本格派なのに、実は簡単です。

《材料》2人分
・米  1合
・食べて残った汁(野菜が残ってると◎)
・バター  10gくらい

1.鍋の汁は別の容器に移します。米は水で洗い、水を切っておきます。

2.1の鍋にバターを溶かし、洗った米を入れます。米が透き通るまで、中火で炒めます。

3.炒まったら汁を全て加え、蓋をします。ここからは5分程グツグツ煮ていきます。

4.蓋をあけて、汁気が少なくなってきたらかき混ぜてみましょう!お米がとろっと、でもすこーしアルデンテかな?という頃が火を止めるタイミングです。余熱で火が通ってしまうので、火をかけすぎると雑炊のようになってしまいます!

5.熱いうちに、お皿へ。刻んだパセリを振って戴きましょう♡ムール貝と野菜の旨味、海の塩気、パセリの香りがたまりません!

このリゾットレシピは、ムール貝でなくてもOK!

例えば、鍋をした後の汁、ポトフなどのスープの余りでも同じように美味しいリゾットを作ることができます。

ポイントは、ご飯ではなくお米から作る事!


これだけで、ワンランク上のリゾットに。

どうでしたか?
火加減だけ注意すれば、後はとっても簡単です。

ムール貝が手に入らない時は、アサリや殻付きのエビ🦐などで作ってみてもいいかもしれません。









読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨