駐在妻必見!ベルギーでカレー作りにオススメな牛肉は?


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

よし!今日はカレーにしよう!(楽ちんだし)



そう思って肉を求め、いざスーパーへ。
日本ではいつも豚こま派だった私。

でもそこでぶち当たる壁。

それは、

豚こまがなーい!!


種類ありすぎるけどどれがいいの?



ベルギー、豚肉よりも牛肉の売り場面積と量がハンパなく多い。

それに、日本より牛肉安い〜〜💓

日本では頻出だった鶏肉やお魚が若干高価なのも痛いところ。
これは牛肉を普段使いするしかありません!
(それに赤身ばかり✨高タンパク!カルチニン摂取!!)


そんな中、最近カレーに使った牛肉が最高に美味しかったので紹介します🐄


(あくまで私個人の意見ということをご了承下さい)

牛肉といっても、もちろん料理毎に適した部位があるのは皆さんご存知だと思います。

サーロインはステーキに、
ハラミやカルビは焼肉に…
あばら付近の骨つき肉はシンプルに塩こしょうのみでグリルしても美味しい。

と言ったように、煮込み料理にも適した部位があります。

日本でいうと、スネ肉とか、スジ肉とか。
そういった赤身とコラーゲン部分の多い部位が煮込み料理にオススメです。


じゃあスーパーへ行ったらどれを選んだら…?
似たような肉だけど、表示が違う…?

と思ってしまいますよね。



カレー作りに選んだ牛肉はこれです↓


カルフールで購入しました。

bouilli:茹でた
plat de cote:上部バラ肉

調べたところ、煮込み料理用のバラ肉のようです。
バラ肉なんですね!!
見た目は日本でも売られているスネ肉です!
骨も少し付いてました。


スジを断ち切るように一口大に切るのがホロホロ肉にするポイント。

じっくり茶色になるまで炒め、
野菜を加えて炒め、
お湯とローリエ🌿を加えて30分くらい煮込みます。

あとはルウを入れて調整するだけ✨
(私は隠し味に中濃ソースとケチャップもいれます!)

ほろほろの、美味しいカレーになりました✨


ぜひあったかいご飯にかけて食べてください💓

これなら私は豚こま無くてもいい!!笑


みなさんは普段のお料理どうされてますか?
ぜひお聞きしたいです✨











読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨