お酒・ジンの元祖?!ハッセルトのジェネーヴァー祭りへ


こんにちは。ベルギー在住の管理栄養士、SHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

食欲の秋。


ベルギーではあちこちで、毎週のように飲食に関するイベントが催されています。




そんな中、ベルギー東部の街ハッセルトでお酒の“ジン”の原型となったといわれる


「ジェネーヴァー」というお酒のお祭りへ行ってきました!




ジェネーヴァ―とは、オランダやベルギーフランダース地方の伝統的な蒸留酒。


麦芽とトウモロコシやライ麦を原料とし、蒸留したものにジュニパーベリー等のハーブやスパイスで香り付けしているのだそう。



ベルギーの中でもハッセルトは有名な産地で、13世紀にはすでに製造が行われていたとか。


産地によって原料や香り付けのハーブがやや異なるのも特徴の一つで、いろんな種類のジェネーヴァ―があります。




と、歴史や伝統はいろいろとあるようですが、百聞は一見に如かず!です。


飲んでみました。



ジェネーヴァーは蒸留酒なので一般的にアルコール度数が高い!


フレーバー付きのものが多くある中、まずはノーマルなものを試さないと!ということで、写真左から2番目のフレーバーなしタイプを飲んでみました。


アルコール度数は30%!


こういったお酒も好きなのですが、さすがに喉の奥が一瞬で熱くなりました・・・



味はというと、ジン特有なあのジュニパーベリーの香りが弱い?無い?といった感じで、意外とあっさり美味しい。


でもあっさりスピリッツなので、やはりフレーバー付きやカクテルなどで楽しんだ方がよさそう。



蛇足ですが、

ジェネーヴァ―は写真のような4clのグラスで飲むのが一般的みたいです。




お次はこんなものを!



トロピカル仕立てのジュネーヴァーカクテルです。

フレッシュなフルーツのシロップが効いていて、強めなのだけど甘くて飲めちゃう!って感じのカクテルでした。

気さくで明るいお兄さんが作ってくれたのも美味しさの秘訣?



さすがに強いお酒ばかり続くと、頭がほわっとしてきます。



そんなときにはこちらも。



サクサクなパイでジューシーなソーセージが包まれていて、

おいし~っ!

のひとこと。


さらには




甘酸っぱい玉ねぎがたくさん入ったホットドッグ。

ハッセルト、ベルギーでありながらもドイツやオランダとの国境に近いので、食文化がそれらと似ているような気がします。


バゲットにたっぷり玉ねぎとソーセージの組み合わせ、ブリュッセルでは見かけないのにここハッセルトやリエージュでは見かけるんだよなあ。



こんな風にフードも楽しめるので、ドライバーの旦那さんも大満足です。



最後に1杯、こちらも試してみました。



ヘーゼルナッツ味の、ジェネーヴァ―!



しっかり甘く、しっかりヘーゼルナッツ!


甘いお酒は苦手なのですが、この量でこの味は美味しくいただけます♡




このほかにも、フレーバー付きのものは


アップル、サボテン、ベリー、レモン、


チョコレートやバニラ、ワッフルなんて味も!(さすがベルギー)




こういったフレーバー付きのタイプはアルコール度数20%ほどで甘めなので、「飲んでみたいけど強いお酒はちょっと・・・」という方にもおすすめです。




この日はとっても暖かく、気持ちの良い秋晴れでした。


歌やダンスの催しもあり、キッズスペースもあり、老若男女問わず楽しんでいました♪




ベルギーにもまだまだ知らないことがたくさん。


いろんな場所へ出かけて、短いであろう秋を存分に楽しまないといけませんね!



読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨