○○を使えば自宅で焼き立てクロワッサンが作れる!


こんにちは。

栄養と料理で笑顔溢れる食卓を作りたい、管理栄養士のSHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

私が、日本からベルギーに来てよく目にする・よく食べるようになった食べ物の一つに・・・




クロワッサンがあります。




クロワッサンなんて日本にももちろんあるし、そんな珍しい食べ物ではないけれど、


目にする頻度が日本と全く違う!!!



スーパーでは5・6個入りでどーんと売られているし、

駅中や街角のカフェや売店、パン屋さんではほぼ100%置いてある。


そして、バスに乗るとクロワッサンの食べかすが落ちていたりする。



こんなこと、日本では無かったなあ~



それだけ、ベルギーではクロワッサンがよく食べられています。



そんなクロワッサン文化のあるベルギーのスーパーで、○○を発見!!!



それを使ってクロワッサンを焼いてみました♡


今回はその○○について紹介します♪



その○○とは・・・



その○○とは・・・




ズバリ、クロワッサン生地です!



既に成型されていて、自分でオーブンで焼くタイプの冷凍クロワッサンもありますが、それではなく



クロワッサン生地そのもの!!!


この缶詰に生地が入っています。



これは24個のミニクロワッサンが焼けるタイプのもの。


他には、普通のサイズ6個のクロワッサンが作れるものやパンオショコラバージョンがあったりします。


値段はだいたいこんな感じ⇓




売り場は、タルトやキッシュの生地や焼かれたクレープが置かれている所と同じ場所にあります。(店舗によって違うかも?)




それではさっそくこの缶を開けてみます☆

※その前に、オーブンを180~200度に余熱しましょう!



空けると、ロールされた生地が2つ。

(トイレットペーパーみたい。(笑))



右の不格好なものは最初に取り出した生地。。。


缶を缶切りで開けたんですが、後から考えると失敗。


缶と言っても金属は上下の蓋部分のみでイラストが描かれている部分は厚紙!

まずカッターなどで上下の蓋を切り落とし、厚紙部分を切って広げて生地を取り出した方が良さそうです。




広げてみると・・・



ロールされているので、それを丁寧に広げます。

するとこんな感じ。


↑ 1ロールで12個分のクロワッサン生地です。

点線が入っており、この時点では6等分したところです。



☆生地をカットするときは必ず包丁で切りましょう。

生地を引っ張って切ろうとすると当然伸びてしまい、良い仕上がりになりません。



あとは想像つくと思います!


三角の生地を手前から優しく巻くだけ♪



こんな風に☆



24個できるタイプのものなので、1つ当たりの大きさが小さい!

かわいい~♡


巻き終わったら最後に溶き卵を軽く塗って、余熱が完了したオーブンで5~10分程焼成☆


ほんと~に、ちっちゃいの!


焼き上がり♪

(ちょっと焼きすぎた)



生地自体の味はかなりシンプルなので、ジャムやハチミツをつけて食べてもよさそう。



ミニサイズすぎておやつ感覚です(笑)

(1缶で6個できる普通サイズクロワッサンタイプも別のスーパーにはあったので、探してみてください!)


お子さんと一緒に作る場合は数をこなせた方がきっと楽しいと思うのでミニクロワッサンも◎ですね!



ここからはアレンジレシピを紹介☆


ソーセージ&チーズ入りあみあみパン(^^)


材料はこれだけ↓



・生地(この缶なら1ロールで6個作れます)

・ピザ用チーズ

・HertaのKnackiという柔らかめソーセージ(朝食や炒飯、スープなどに便利!おすすめ!)

・ケチャップ(お好みで)



☆作り方☆

1、オーブンを180~200度に予熱。

2、ソーセージはまず横に3等分にし、さらに縦に4等分する。

(ソーセージ1本で4つ分のパン)

3、ミニクロワッサン2つ分の生地を1つにくっつけ、包丁で左右1/3に斜めの切り込みを等間隔に入れる。

4、中央にチーズ、ソーセージを並べる。

5、上から左右交互に編んでいく。

6、巻き終わるとこんな感じ♪

溶き卵を軽く、薄く塗って5~10分オーブンで焼くだけ☆

7、出来上がり☆

熱々のうちが美味しいです♡

お好みでケチャップをかけても◎


材料も少ないし、手順も割と簡単!


チーズとソーセージの組み合わせなので万人受けレシピかなと思います!


1サイズがちょうどよい大きさなので、大人にはもちろんお子様のおやつにも良さそうです♪



他にも、


生地にお砂糖とシナモンを少し振りかけて、レーズンをちらし、巻くと「シナモンロール風」に♪


アレンジ方法、まだまだたくさんありそう☆!



今回のクロワッサン生地、1缶でこれだけ作れました♡


1缶でアレンジも出来るし、簡単に焼けて、生地は作ってないのに1から手づくりした気分になれますね♡


(数年前、クロワッサン作りに最低4時間もかかることを味わいそれ以降作っていない・・・💦)



寒い日や、雪や雨が降って家から出づらい日、、、などどうしても引きこもりDAYがありがちなベルギーですが、そんな日にお家で手作りクロワッサンなんて良いですね☆


お子様と一緒に作るのも、お友達といろいろアイディア出しながらアレンジパン作るのも楽しそうです♡


缶を買っておけばいつでも作れますしね!



※ちなみに、当たり前ですが賞味期限は切らさない方が良いです。

賞味期限過ぎてから作った時、生地が過発酵してしまったのか缶を開けた瞬間、もこもこと生地が出てくる出てくる(笑)

生地もくっついていて剥がせないのでロール状のまま使いました・・・↓↓



ということで最近見つけたおもしろ食材でした☆

お試しあれ!


読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨