《保存版》絶対パサつかない鶏むね肉の茹で方!


こんにちは。

栄養と料理で笑顔溢れる食卓を作りたい、管理栄養士のSHOKOです。


はじめましての方は こちら からどうぞ☆

BLOGランキングに参加中です。ポチッと押していただけるととても嬉しいです!

先日、instagramに『絶対パサつかない鶏むね肉の茹で方』があることを載せたら、


思いの外『知りたい!!!』
という声が多かったので、


教えようか、
まだ内緒にしておこうか…(←ほんと、おすすめすぎて出し惜しみ)

少し迷ったんですが、


皆さんにも美味しいご飯を作ってもらえるようになる事が私の仕事だ❣️


と思ったので公開しちゃいます〜〜✌️


めちゃくちゃ簡単で、

え?これだけ?


と思うと思いますが是非お試しください!



《保存版》絶対!!パサつかない鶏むね肉の茹で方!!!!

①まず、鶏むね肉をスーパーで買います。
なるべくドリップのない新鮮なものが良いです。
量は1〜2枚が作りやすいです。


②鶏肉が入りそうな鍋に、鶏肉が浸かりそうなくらいのお湯を沸かします。
お湯を沸かしている間に、もしあれば生姜を3.4枚スライスし、もしあればネギの緑の部分を用意しておきます。


③お湯が沸いたら、鶏肉を切らずに丸ごとお鍋に投入します!そこに、準備しておいた生姜やネギも入れます。


④再度沸騰したら1分程その状態をキープした後に火を止めます。
自然に冷めるまでそのまま!!


はい、これだけです。



お湯が沸いたら鶏肉を入れて、沸騰したら火を止めて冷めるまで放置。



これだけです。



冷めたら、切らずにそのままタッパーやジップロックの袋で保存してください✨

〜5日くらいは保存がきくと思います。
(この辺りはご自身の判断で!)


ちょーーーしっとりで、ジューシーで、肉の旨味を逃がさず茹でる方法です❣️


炊飯器でやる方法もあるかもしれませんが、


私は鶏肉の茹で汁でスープを作るので、炊飯器よりもそのまま使える鍋で茹でる方が楽なんです💕


この茹で汁で作るスープがまた絶品なんですよ😊💓


鶏がらスープやコンソメなどを改めて入れる必要は一切なし!


美味しい塩とコショウを少し足すだけで味付けおっけーなスープです😂💓



ちなみに、茹でる際に入れる野菜がネギと生姜だと中華風味のスープに。

ネギと生姜を取り出して青梗菜やもやし、溶き卵などを入れると◎



ネギや生姜の代わりに、にんじん、セロリ、玉ねぎにすると洋風スープになりますよ✨
(にんじんは後入れだと火が通り切らないので、湯を沸かす段階から一緒に入れて茹でます)


ちなみに、前にブログに書いた鶏ハムレシピとほぼ茹で方は同じです。

鶏肉に味がついてる方が良いな〜〜🍴

という方は、こちらの作り方を参考にしてくださいね❣️↓↓



是非お試しください💓



お料理は日々勉強ですね〜〜✏️✨

私も、これからもたくさんお料理して、試して、美味しく健康的に作れるように頑張ります❣️







読んでくださりありがとうございました♪


SHOKO


0コメント

  • 1000 / 1000

douce

"douce"とは、フランス語で 穏やかな、優しい、心地よい、甘い、愛情のこもった、 という意味。 そんな毎日を送るためのヒントを、 食・栄養の観点から贈ります。 管理栄養士・SHOKO ※現在ベルギーにて生活中。 毎日のあれこれを綴ります✨